掲示板でセフレ探し♪


セフレ女性のフェチな癖は必見


セフレ募集の女の子

セフレ女性はエッチもフェチ

最近では電話などの通話よりLINEを利用したやりとりが一般化している。特に不倫相手とのやりとりには重宝するものだ。

クリスマスや正月などのイベントでがあれば、不倫相手とはLINEで済ましている。

独身女性のセフレであれば、直接電話で呼びだし、イルミネーションを楽しむのもわるくない。

そうえいば、セフレの女性は現在’’ポケモンゴー’’にかなりハマっているらしく、必見のスポットがあるらしい。

今付き合っているこのセフレの女の子、なぜかゲームしているときにセックスしたがるのだ。

しかも、セックスしているとに、やたらと臭いを嗅ぎまくる。

これも一種のフェチであって、その女の子のエッチな怪しさが、毎度のように楽しめるのである。

出会い系の女の子は、いつもなぜか、セックスが楽しいものとなるのだ。

しかし、出会い系の掲示板を覗くと相変わらずと、援交、割り切り、希望の女の子が多い。

そのような女の子とエッチするのもわるくはないが、できればセフレですませたい。

それはさておき、プライベートと仕事の区別はしっかりしないといけない。

そして、相手は一瞬ひるみ、あ、そうでしたか、と心細げに言った。それから、あのう、としぶとく食い下がる。どこそこに書いているエッセイは恋愛ものではないか、という。

私は、はっとした。そのとき、ある女性週刊誌に「風流恋愛講座」と題するエッセイを連載中であった。

私は電話口に出たまま、赤面した。作家によってはいい女に出会うと、顔が赤くなるかわりにキンタマが赤くなってしまう奴もいる。私にはどこか純情なあるのだろう。頬がポッと紅潮した。

「あれを軸に単行本はできませんか」いきなり電話をかけてきて、単行本の話をする人も珍しい。しかし、私も赤面していたときである。つい、弱気になった。

「できるんならしてもいいですよ、しかし・・・」

その連載は枚数にして百四十枚ほどである。本にするにも、半分の量しかない。それに、「風流恋愛講座」とは銘打っていても、それは編集部が勝手につけた題で、内容は私が監督をする草野球チームのメンバーたちとのつき合いを書いたものであった。

セフレ探し無料ではじめてみる
ミントC!Jメール18禁

ミントC!Jメール公式サイト18禁



ページ上部へ


Copyright.
セフレ女性のフェチな癖は必見